女性医師

脊柱管狭窄症を治すリハビリ|元気に動ける体へと一歩近づく

治療で改善する痛み

病院

上半身を力強く支えるためには、背骨と腰の骨と筋肉が重要であり、重い体重を支えスムーズな動きを実現しています。けれども年齢を重ねると骨や筋肉が劣化し、若い頃のような力強い動きが難しくなります。若いうちから運動や健康維持に取り組んでいれば進行は遅れますが、何もしないでいると慢性的な痛みが発生します。腰痛に挙げられるのは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性腰椎症や腰椎すべり症等があります。これらの病気にかかると日常生活に影響を及ぼすため、医療機関を受診して本格的な治療を行う必要があります。医療機関ではレントゲンやMRIを用いて、痛みの原因を探り適切な治療を行います。早期発見と早期治療に取り組めば症状は軽度で済むため、いつもの痛みと違うと感じたら早めに受診すると良いです。

脊柱管狭窄症は本来は丈夫な椎骨に守られている脊柱管が、変性が要因となり狭くなって神経や血管を圧迫します。この時痛みや痺れが生じるため、日常生活に支障をきたし歩くのも辛くなります。脊柱管狭窄症は狭くなった脊柱管を改善する手術を受ければ回復するため、再び健康な歩みを取り戻す事ができます。脊柱管狭窄症の手術を受けた後はリハビリを行いますが、リハビリは担当医と専門士のもとで行われます。痛みの様子や状態を見ながら進めていくため、無理の無い運動を心掛けています。自宅で行えるリハビリなら30分程度のウォーキングは良く、背中をそらさずつま先で地面を押し出す感じで歩きます。リハビリは個人差があるため期間は決まっていませんが、しっかりと取り組む事で腰の負担も軽減できます。

家でもできる運動を

笑顔の先生

脊柱管狭窄症とは、脊柱管の中を通っている神経や血管が圧迫されることにより、腰の痛みや足の痺れが出現する病気です。治療法はいくつかあり、家でもできる療法としては運動療法が挙げられます。脊柱管狭窄症はリハビリだけで完治するのは難しいですが、ストレッチや体操を行い筋力をつけることで症状改善が期待できます。

この記事を読む

腰痛から身を守る方法とは

手

腰部脊柱管狭窄症とは、足の痛みや痺れを伴う疾患です。間欠跛行などの症状がみられたら、早期に整形外科への受診をお勧めします。また、治療には手術以外に、リハビリが大きく効果をもたらしますので、自宅内外でのリハビリの継続が必要です。それ以外の注意点も十分に認識して、適切な運動などを行う必要があります。

この記事を読む

運動で症状改善

患者と先生

脊柱管狭窄症は、体の至るところに激しい痛みとしびれを引き起こします。この病気は骨に負担を与えることで起きてしまうので、リハビリでこの症状を抑えることができます。対応している病院であれば、設備が整っており、無理のない範囲で運動ができます。

この記事を読む